マイクロスコープの測定精度

肉眼では見ることのできない小さなものを見るのがマイクロスコープの役割ですが、測定精度はどうなっているのでしょう。

分かりやすい拡大倍率と解像度について見てみましょう。

まず、光を使用して見るライトマイクロスコープの場合は拡大倍率は1500倍、解像度は200ナノメートルとなっています。

次に電子を使うエレクトロンマイクロスコープの場合は拡大倍率50万倍、解像度0.1ナノメートルです。

解像度とは、デジカメなどでよく使われる画素数と似たような意味です。しかしこちらの場合は逆に小さいほど鮮明で拡大してもぼやけない写真が撮れます。

正しくマイクロスコープを保管

使っている時には正しく使うというのが基本となりますが、マイクロスコープは正しく保管するという事も大切です。間違った方法でマイクロスコープを保管してしまうと、次に使う時に不便を感じる事もあるかと思われます。

マイクロスコープに無理な力が加わると破損の原因になったりする事もあると思われます。マイクロスコープの扱い方については説明書に記載されていると思われますので、目を通しておく様にしましょう。

マイクロスコープは故障などがない限り、いつまでも使う事ができます。また、すぐに使う予定はなくしばらくの間保管しておく場合には、ホコリが付着しない様にしておくのが好ましいと思われます。

マイクロスコープで肌の細かい部分を観察

マイクロスコープの優れた技術は、肌の微細な変化を調べるためにも活用されています。肉眼では発見することができない異常を把握するために、美容外科などの分野でも活用されています。脱毛の施術を受けた後には、マイクロスコープで皮膚の状態を確かめながら、今後の治療方針を決定するためにも役立てられているのです。

製品にの中には小型の種類も多く、ワイヤレスに対応した機種も多いことから、家庭で日常的に使う場合にも役立ちます。現在の肌年齢を詳細に調べたい場合に活用することで、今後の対策がしやすくなることもメリットです。

マイクロスコープの特徴

マイクロスコープの特徴は、備え付けてあるカメラが撮影した映像を、一度に多くの人が同時に見ることができることです。マイクロスコープの倍率は、数百倍から千倍以上になる機種もあります。

その画像を多くの研究者が一度に見るので、効率よく研究を進めることができます。映像は、モニターに映し出されるので、大画面で見ることもできます。

観察する物体の、より詳細な構造や特徴を捉えることができます。さらに、遠隔地でも、同じ映像を見ることができ、世界規模で同じ研究が、同一時間に実施できます。マイクロスコープは研究のスピードを速めます。

用途が多様なマイクロスコープ

私たちが考えているよりも、マイクロスコープの用途は多様となっています。開発や研究に携わっている機関や、美容、食品、工業、医療など多岐に渡ります。

中には毎日長時間マイクロスコープを使用しているという人もいるでしょう。マイクロスコープが一日でもなければ、仕事が成り立たないという人までいる様です。また、マイクロスコープは気が付かない所でも使用されている事もあります。あらゆる分野が、更に発展し、より細かい世界での開発や研究が進めてられています。

マイクロスコープが必要な場面は増え続ける事でしょう。これからはさらに進んだ時代になると考えられますので、期待している人も多いでしょう。

光学式と電子式のマイクロスコープ

肉眼では見ることができない小さな物を、肉眼で見える大きさに拡大する装置をマイクロスコープと呼ばれています。日本では顕微鏡と呼ばれる事もあります。

マイクロスコープには光学式と電子式の2つの種類があります。理科の実験で使われる物から、医療用に使われる物まで様々な種類があります。

マイクロスコープは様々な分野で活躍しており、使用用途は様々で、細胞や菌、頭皮や歯、印刷チェックや繊維のチェック、昆虫・植物観察や宝石鑑定などにも使われています。また持ち運びに優れた携帯用のマイクロスコープもあります。

保存機能がついているものもあります。いつでも、どこでも、だれでも簡単に拡大画像の観察が出来るので、とても便利です。

マイクロスコープに関する記事